読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惣田麻衣 「きらきらサラダパフェ」

時間が無い、食欲が無いなどの理由で女性が欠かしがちな朝ごはん。
食べている人でもパンとコーヒーなど簡単に済ませてしまう人も多いはず。

私、惣田麻衣も少し遅くなってしまった時は、簡単にすませてしまうことが多いです。

しかし朝食ってすごく大切なんです!そんなダイエット中の朝食にピッタリのメニューをご紹介させて頂きます。

 

いつもの野菜がスイーツみたい!「きらきらサラダパフェ」の作り方

2016/8/22 23:30 nanapi

いつもの野菜がスイーツみたい!「きらきらサラダパフェ」の作り方いつもの野菜がスイーツみたい!「きらきらサラダパフェ」の作り方

パフェグラスに盛りつけた、可愛いくて美味しいサラダです。ごく普通の野菜やポテトサラダが器を変えるだけで、キュートなメニューに早変わり!

なめらかなポテトクリームはトーストしたパンに塗ってもいいし、野菜や具を混ぜて食べても美味しいです。

メインはいつものメニューでも、前菜でこんなおしゃれなサラダが出てきたら、ディナーの印象もレベルアップしちゃいそう。

材料 (小さいパフェグラス4個分)

じゃがいも…中2個200gくらい
バター…小さじ1
牛乳…大さじ2
マヨネーズ…大さじ1
カニ風味かまぼこ…60gくらい
玉子…1個
プチトマト…4個
お好みのサラダ野菜(プリーツレタス、パセリ、キュウリなど)…お好みで
スナック菓子…大さじ2(省略可)
塩・こしょう…適量

きらきらサラダパフェの作り方(調理時間:30分)

STEP1:玉子を茹でる

お好みの固さに玉子を茹でます。茹で上がったら、冷水につけて冷まします。

玉子の茹で具合の確認には100円ショップなどで売っているエッグタイマーを使うと便利です。

STEP2:ジャガイモを切る

ジャガイモの皮をむき、乱切りにします。

STEP3:ジャガイモを茹でる

鍋に切ったじゃがいもと水・塩を入れて火にかけます。沸騰するまでは強火、その後は弱火で10分ほど茹で、竹串がじゃがいもに抵抗なくスーっと入るくらいやわらかくなったら、ザルにあげます。

茹で汁は1%の塩分濃度(水500ccの場合、塩は小さじ1)にするとよいでしょう。

STEP4:ポテトクリームサラダにする

茹で上がったジャガイモはボウルに入れて丁寧につぶし、バター・牛乳・マヨネーズを加えてクリーム状になるまで練ります。塩・こしょうで味を調えます。

STEP5:食材を切る

プリーツレタスやキュウリなどは水洗いし、食べやすい大きさに切ります。玉子は輪切りにします。

STEP6:完成!

パフェ用のグラスに、ポテトクリームサラダを入れ・野菜・カニカマ・茹で玉子・スナック菓子などをきれいに盛りつけたら出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

今回はカニカマやプリーツレタスを使いましたが、茹でエビやハム・ルッコラ・エディブルフラワーなど、お好みの食材を使ってもよいでしょう。時間がないときは、ポテトクリームがわりに市販のポテトサラダやパンプキンサラダを使えば、さらに手軽に作れますよ!

 

時間のない現代人に朝多くのものを用意することは困難ですが、こんなかわいい「きらきらサラダパフェ」なら楽しんで作れそうな気がします。
気になった方はぜひ作ってみてはいかがでしょうか??惣田麻衣がお送りしました。