読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

惣田麻衣 タパスが食べたい!

惣田麻衣がスペインのおつまみ「タパス」についてお伝えします。

まず「タパス」とは何かご存知でしょうか?

上記にも書いた通り、スペインのお店で出されるおつまみのようなものらしいです!

とてもおいしそうなので、ぜひ下記をご覧ください!

スペインバルに行ったら絶対食べたい「タパス」9選

shutterstock_56020321

スペインへ行ったら一度は入ってみたいのがスペインの居酒屋的な場所「バル」。バルではそれぞれのお店に個性的なタパスと呼ばれるおつまみ料理があります。

ぜひスペインに行く前に、定番のタパスを予習しておきましょう!

 

ハモン・セラーノ

pixta_21476735_S

スペインといえば生ハム。街を歩くと必ず、豚の足のまま生ハムが売られているのを目にすることができるほどです。スペインでは安くて美味しい生ハムがたくさんあります。

バルでは欠かせないお酒のお供です。

 

トルティージャ

tortilla de patatas, spanish omelet

言わずと知れた有名タパス。じゃがいもやほうれん草、特性のトマトソースなどと卵を混ぜあわせ焼き上げたスペインオムレツです。
スペイン人も大好きなトルティージャは、半熟か完熟か、つくり手によって変わってきます。

 

パタタス・ブラバス

Fried potatoes with sauce

角切りにしたじゃがいもを素揚げまたは茹でて、ブラバスソースというトマトベースのピリ辛ソースをかけたもの。とてもシンプルなようですが、このソースとポテトの相性が絶妙!
お店によってブラバスソースの味付けが違うので、お店の個性がでるようです。

 

ガンバス・アル・アヒージョ

pixta_10665738_S

日本でも有名なアヒージョ。「ガンバス」とは。小エビのことを指します。小エビをニンニクとオリーブオイルで煮込んだこのタパスは、お酒と一緒に食べると最高です!

ぜひ、スペインの白ワインと共にいただきたいですね!

 

チャンピニョン・ア・ラ・プランチャ

fried mushrooms

「チャンピニョン・ア・ラ・プランチャ」は、マッシュルームの鉄板焼きのこと。

こちらもシンプルな料理ですが、熱々のマッシュルームを頬張るとジューシーなマッシュルームのうまみが口に広がり、マッシュルームの美味しさを再確認することができます。

 

アセイトゥナス

Olives in clay bowl

アセイトゥナスとはオリーブの実のこと。スペイン人はオリーブが大好きで、こちらもバルの定番メニューとなっています。
オリーブにもいろいろな種類があり、味も食感も様々。サラダやピンチョスに使われることも多く、バルに行けば口にするかと思います。

 

カラマレス・フリートス

spanish calamares a la romana, squid rings breaded and fried

カラマレス・フリートスは、イカリングフライのこと。揚げたてにレモンをかけて食べたらビールが進みます。

イカが美味しいと感じるのは、日本人もスペイン人も同じようですね。

 

エンサラディージャ・ルサ

spanish ensaladilla rusa, russian salad

直訳するとロシア風サラダ。ロシアのオリヴィエ・サラダから派生した料理でじゃがいもやニンジン、グリンピースなどをマヨネーズで和えたもの。
日本のポテトサラダにも似た料理です。お店によっては魚介類を混ぜあわせたものもあり、パンに付けて食べると絶品です。

 

アルボンディガス

Delicious Meatballs albondigas with spicy sauce on a plate close

All photo by pixta

肉団子のトマトソース煮込みで、スペインの母の味とも言われるそう。こちらも多くのバルで見かけることが出来ます。

ジューシーなお肉とフレッシュなトマトソースでお酒が進みます。子どもにも人気のメニューなんだとか。

 

まとめ

今回はバルの定番タパスを紹介しました。バルもタパスが3つか4つしかない小さなものから、創作タパスをたくさん揃えたものまでさまざまあります。
スペインに行った際は、自分のお気に入りのタパスを見つけるのも楽しいかもしれません。

本当に様々な種類の「タパス」があるのですね!

どれもとってもおいしそうです!

おつまみというには豪華な気もしますね!

気になる方はぜひ作ってみたり、本場のタパスを食べたりしてみてください!

惣田麻衣がお送りしました。